胃が痛いもしや胃がん?「病院の検査が怖い」と思う人ほど胃検診を!

自分のプロフィールには胃がんになったことがあると書いています。

胃をほぼ全摘する手術を経験した私は当時人の命の重さを知りました。

今はふつうに食事もでき、ふつうに過ごしていますが当時のことを振り返るとたいへんでした。

この記事を読まれる方は、なんらしか胃に違和感がある人や、身内や知人に胃が悪い人がいるから読んでみた!という人かも知れませんね。

代々のがん家系ってあり?

あるに賛成!

母方おばあちゃん 胃がん 

実母(おふくろ) 胃がん(スキルス性悪性腫瘍)

母方おじいちゃん 息子(叔父) すい臓がん

自分       胃がん (生存)

自分の直近ではガンでなくなった人が多いです。

いずれも、50代、50代、30代でなくなりました。

これ考えるとやっぱりガンになること受け継がれているのかな~。

個人の見解ですが、人間は細胞の固まりです。

直系の遺伝子は受け継がれるので同じ病気になる確率は高いと思います。

現実そうなので、今度は自分の子にも注意をしていかないとって思っています。

補足:友人知人や自分と関係のあった人の話から、血圧の高い人の家系、心臓が悪い人の家系、糖尿の家系、脳の病気を持つ家系、発達障害をもつ家系といろいろ病気はありますが、どの分野も身内には必ず同じ病気で悩む人がいるようです。

もちろん食生活による変化もあるかもしれませんが、根本は「遺伝子」そう思って病気と対峙した方がいいですね。

どこにでもいる胃の調子が悪いのに動かないこんな人

胃の調子が悪くても病院に行かない自分

仕事が忙しく会社への忠誠心が先だと思い病院に行けない自分

胃の調子が悪いけど市販の薬でごまかして病院に行かない自分

心当たりがないのに原因も分からず胃痛が続く毎日を送る自分

あなたにも身に覚えがないですか?

どんな自分でもとにかく早期に調べることです。

検査結果が怖い! 何をおっしゃる。がんがどんどん進んで取り返しがつかないより断然良い!早期発見が延命の秘訣です。

忙しいのでそれどころじゃない! 仕事や会社を愛することはいいですが、いざとなっても会社は面倒見てくれませんよ。仮に長期の休みになると復帰は厳しいかも?

病気を甘く見ない! こんな痛みそのうち治るに決まってる、過度な心配もいりませんが、安易な考えも危険です。一度でいいから検査だけすればいいです。

結果がよければ安心。悪くても早けりゃ90%大丈夫です。

症状をネットで検索すると落ち込んでしまうわけ

胃のいたい人は「もしかしてガン?」と思い、ネットで検索して調べようとします。

しかしいろんなサイトを見ると「やっぱりガンだ」と思い込んでしまいます。

調べれば調べるほどどのサイトもこんなことが書いてあるからです。

最近体重が減った?

ストレスが多い仕事?

不規則な食事をすることが多い?

タバコや飲酒が多い?

吐き気がすることが多くなった?

そんなときは一度精密検査をしましょう。・・

思ったとおり「ガン」かも。と勘違いします。

考えてみるといろんな病気の症状も同じことを言っています。

勝手な思い込みで、本当に「ガン」になったと思い込んでも辛いだけです。

ネットであれこれ検索すると落ち込みがひどくなるので勇気を出してすぐに病院にいくことをおすすめします。

胃カメラなんて怖くない!今は昔より楽チン、楽チン

胃カメラを飲んだことがない人は、管が繋がったカメラを口から飲み込むのは絶対ムリって思うでしょうね。

自分がはじめて胃カメラを飲んだのは20歳のときです。再検査は当時の東京女子医大で検査をするように勧められました。

どうして、東京女子医大で?

でも20歳の自分は「胃がん」のイの字も頭にはなく、ただどうして東京の総合病院で検査をするんだろうと思っていました。

そのとき初めて胃カメラで検査を受けたのです。

「ゲボ、オーッ、ゲボゲボ」

「おえーっ、おえーっ」

実は前のおばさんがカメラを飲むことができず、涙声だけがカーテン越しに聞こえて「俺ものめるのかなー」って何度もおもって挑みました。

なんとか飲んでカメラの検査はやく12,3分で終ったことを覚えています。

正直当時飲み込んだときの記憶は薄れています。

このように昔はカメラをひたすら飲むだけ、飲まないと始まらないのが検査でした。でも、今は違います。

とても楽チンに痛みも感じず検査ができます。

なぜかと言うと、

①麻酔(実際は麻酔と呼ばれるほどではない)をかけてもらい夢を見ているような感覚の中で診てもらうのでほとんど苦しくないです。

②時代の進歩鼻から入れるカメラでのどを通すより楽に検査が出来ます。少し気持ち悪いかも知れませんが一瞬ですよ。

最近は思ったより身体に負担かけることなく検査できるので、いつもバリウムだけで済ませている人はこの際「胃カメラ」で正確な検査をしてください。

時間も10分もかからないと思います。(やってる最中は長く感じるけど)カメラを怖がることなく短時間で検査してもらうことが出来るので安心です。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする