東海地方や関東に夜接近の猛烈な台風19号の対策と避難準備は即行動

幸せは生きているからこそあります。

台風が来るまでまだ時間はあります。今のうちにできるだけの準備をしてください。予測をして準備すると大きな被害を避けられます。

超大型で猛烈な台風19号はこれまでにないとてつもなく大きな台風です。

このままいくと台風がくるのは夜になる可能性が高く夜になると昼間の台風より危険度が2倍、3倍と大きくなります。

今のうちに準備が必要で非難できる人は早めに動いたほうがいいです。

田舎に両親がいる人は声をかけてください。独居の人は恐がりです。

電話番号のリストは必須です。携帯だけでは間に合わないことも、仮に電話を借りるとしても電話番号覚えていますか?

家の中での準備

①懐中電灯、電池

②ロウソク

③マッチ、ライター

④着替え、秋なので寒さ対策をする

⑤備蓄の水(ペットボトル)

⑥お風呂に清潔な水を溜める

⑦窓周りのチェック(がたがたならないようにダンボール等でスキマを抑える)

⑧水の浸入を防ぐ

⑨最低限3日は過ごせる食物(日持ちするもの)

⑩お薬がある人は何日か分用意する

⑪養生テープでスキマをなくす

⑫カセットコンロと鍋

⑬タオル、バスタオル

⑭カッパ

⑮非常用持ち出しリュック

家の外の準備

①庭に木々がある人はロープでくくる

②自転車などはあらかじめ倒しておく

③車にものが飛んでこないか隣から落ちないかチェック

④車の燃料を満タンにする

⑤車に毛布を積んでおく

⑥靴を少し多めに入れる

⑦家の外を見渡し飛んでくるものがないか確認する

夜に台風が来る場合の準備

①窓が割れないようにする

②非常用電気をつけておく

③窓の近くに寝ない

④出来るだけ養生テープで雨風が進入し易い場所をふさぐ

⑤ラジヲはつけっぱなしにする

⑥いつでも非難できるように準備する

⑦食事の準備はしておく

⑧窓が割れると危険なのでテープで補強したり、飛散防止フィルムを貼る

送料無料 飛散防止フィルム HBF-4818N アイリスオーヤマ 【防災】【家具】 [cpir]

最後に

準備をするとあれもこれもとなりますが最低限のものは必要です。

最低限今なら間に合う非常用リュックだけはおすすめしておきます。

本当は一人1つ入りますがとにかく必要なもの入っていて翌日配送できます。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする